日々のこと

ガラスへの着色

焼酎が大好きなお父様に、お湯割り焼酎をガブ飲みできる大きなグラスを贈りたい!とのご要望をいただきました。

そして、お名前を大きく入れて、「金色」で着色したいとのこと。

多孔質で塗膜が密着し易い陶器と異なり、ガラスへの着色の場合、強固に密着した塗膜を作るのがとても難しいです。

当店では、特殊な下地処理をした上で、金色を載せています。

ガラスでも剥がれ難い強い密着を得られています。

とはいえ、毎日 洗いながら使用されるグラスへの着色は、原則として控えております。

今回は、お客様からの強いご要望もあり、耐久性についてご了解を得たうえで金色着色で仕上げました。

シンプルかつ大胆でとても華やかな仕上がりとなりました。

金色着色のエッチンググラス

毎日のお酒を楽しむマイグラスとしてご愛用いただけると製作した当店としてもうれしく思います。

広告
日々のこと

表彰用の記念グラス製作中

今日から、明日までは表彰の記念品向けに化粧箱入りのロックグラスを製作中です。

化粧箱入りとすることで、高級感がとても増しています。

引出物以外でも、記念品や表彰などのご用途にとても人気です。

今回も表彰者のお名前をいれた記念グラスです。

化粧箱入り 名入れロックグラス

化粧箱入りロックグラス

当店で使用している化粧箱は、信頼の置ける国内メーカーさんに製作してもらっています。

サテン布敷きで、白無地光沢紙の化粧箱ですから、ほんのちょっとの汚れや不具合も大問題です。

格安箱メーカーさんは多々ありますが、当店の場合、何よりも品質第一。

今のメーカーさんにめぐりあえるまでは、箱の汚れや不具合でとても悩まされました。

この形状の箱は作るのがとても難しいのです。

丁寧に良い箱を作ってくれている箱職人さんには本当に感謝です。

また、この化粧箱。

グラスを出したあとは、ちょっとした小物入れとしても重宝します。

貴金属はもちろんのこと、腕時計や携帯電話を置いておいたりと、何かと便利ですよ。

陶器のビアマグ

名札柄で名入れの陶器ビアジョッキ

無骨な雰囲気が趣きのある、陶器のビアジョッキ。

今回は、名入れ部分の色を「白色」でとのご要望でした。

白色の文字が陶器のビアジョッキをスッキリとしたイメージに変えてくれています。

少し地味になるかと思いましたが、そんなことはなく、硬派&さわやかなイメージに仕上がりました。

派手すぎず、でも存在感のあるビアマグ。

プレゼントされるお父さんのイメージにピッタリかもしれません。

名入れ陶器のビアジョッキ

名入れ彫刻のオリジナルビアマグビアジョッキ陶器

ロックグラス

頭文字(イニシャル)彫刻のロックグラス

以前に製作したグラスですが、頭文字(イニシャル)デザインのロックグラスです。

国際結婚された方から、お相手(外国)のご家族へのプレゼント用としてのご依頼でした。

外国の方だけに、横文字(英語)のお名前でしたので、そのままイニシャルのデザインで彫らせていただきました。

名入りのグラスが海外でどのように受け入れられるのか少々不安でしたが、とても喜んでいただけたようです。

グラス自体が重厚でエッチングも入り高級感があると自負してはおりますが、

やはり喜ばれた一番の理由は、「わざわざオーダーメイドで準備してくれた」 というその気持ちだと思います。

名入れのロックグラス

イニシャル名入れエッチング彫刻のロックグラス

イニシャル名入れエッチング彫刻のロックグラス

湯呑み茶碗

銀婚式祝いに九谷焼の名入れ湯呑み

ご両親の銀婚式祝いにプレゼントされる、九谷焼銀彩の名入れ湯呑みのご依頼。

「祝」のデザインで製作いたしました。

銀婚式は結婚25年。

すばらしいですね。

ぜひ、今から25年後の金婚式(結婚50年)も元気にお迎え下さい。

これからもご家族一同末永くお幸せにどうぞ。

九谷焼銀彩の名入れ湯呑み

銀婚式祝いに九谷焼銀彩の夫婦ペア湯呑み湯のみ

日々のこと

記念品製作中

おはようございます。

だんだんと寒い日が増えてきました。

今週末もまた寒波が来るようですね。

しかし、どんなに寒いと思っても、更に北の寒い地域に住んでいる人もいるのですから、泣き言は言っていられません。。

私もがんばらなければ!。

さて、昨日からは記念品としてご依頼のあったピルスナーグラスの製作に励んでおります。

足付でお洒落なグラスでありながら、普段使いし易い大きさと形状が魅力です。

名入れピルスナーグラス

名入れエッチングのピルスナーグラス

湯呑み茶碗

色違いを製作してもらいました

贈り物に絶大な人気を誇る、高級茶碗の代名詞でもある九谷焼。

当店で名入れ彫刻している湯呑みも、九谷焼の産地である石川県の窯元さんより仕入れております。

九谷焼銀彩宗秀釜夫婦湯呑

銀彩と呼ばれる銀澄(銀箔よりも厚いもの)を使って豪華で華やかな装飾が得意な窯元さんです。

今回はお客さんから、緑色と紫のペアが欲しいとのご依頼をいただきました。

祖父母とご両親へそれぞれ夫婦湯呑をプレゼントをしたいとのこと。

同居されているので、名入れ彫刻があるとはいえ、同じ色の湯呑みでは誰の湯呑みか分かり難いだろうから、色を変えたいとのご希望でした。

通常ですと、青とピンク色の湯呑みだけなのですが、窯元さんにお願いして、特注で緑と紫の夫婦湯呑を1組だけ作ってもらいました。

特注ですので、色付けして焼きあがるまでの納期を待つことになりましたが、待った甲斐があり、深い味わいのある色の湯呑みが出来上がってきました。

【通常品】※青とピンク

九谷焼銀彩夫婦湯呑ペア青とピンク

【特注品】※緑と紫

九谷焼銀彩夫婦湯呑ペア緑と紫

緑と紫のペアは、深みのある落ち着いた色が魅力ですね。